Home

From the blog

歌手オーディション

コメントはまだありません Audition オーディション オーディションドットコム 未分類

歌手オーディション
歌手オーディション

歌手オーディション

カラオケ配信のジョイサウンド、UGA、音楽配信ではエクシングエンターテイメント、USEN、ユーズミュージックとカラオケ配信契約、音楽配信契約などをして頑張っていますので、音楽を愛する男性、女性、歌が大好きなかたならまずは歌を聞かせてください。
>音楽レーベルを運営していくにあたり、先1年程度のグランドスケジュールを立てる事は、とても重要です。
活動形態がバンドやユニット等、数名のメンバーで構成されている場合も、全員の意思を1つに出来たり、高いモチベーションを維持する事にも役立ちます。グランドスケジュールは、大まかなイメージで作ってかまいません。
ただ、そのスケジュール通りに活動を進める事が目標にもなりますので、全く実行が不可能なスケジュールを組んでしまう事は避けましょう。
就職難を勝ち抜いていくことも大切ですが、自分のちからで事業を起してみませんか?
フランチャイズ方式であれば、開設に伴う様々なノウハウを短期間に習得でき、スムーズな起業を実現することが出来ます。
どんな事業でも成功があれば失敗もあります、本人の努力は最低限必要なことはいうまでもありませんが、その背景が有望でなければ、確率が下がることは間違いありません。その点芸能プロダクションに関しては、将来性がありますから、成功の確率は間違いなく上がるのです。
本サイト内で、ビジネスの概要について触れておりますが、より詳しい内容をお聞きになりたいときは、お気軽にお問い合せいただけたら幸いに存じます。
カラオケ配信、音楽配信では、エコへの協賛も行っています。応募いただきますと、自動的に左記の活動への支援が行えます。音楽に限っていえば、「インディーズ」とは、大手レコード会社に依存せず、アーティストあるいはプロダクションが独自に行うCDリリースの形態を指します。つまり、「大きいのがメジャー」、「小さいのがインディーズ」ということです。「インディーズ」は幅広く使われる言葉で、映画やファッションなどにも「インディーズ」があります。
アダルト・ソフト業界では、「インディーズビデオ」というジャンルもありますね。インディーズは大きな資本にとらわれないため、自由な表現ができます。日本でも、大御所のアーティストがわざわざインディーズに戻って、メジャーでは出せない作品をリリースしたりもします。

これは、インディーズ特有の、自由な表現が許される環境にひかれた結果でしょう。

インディーズレーベルは自由で、その可能性は無限大なのです。


音楽レーベルの設立に、特にルールはありません。
何かの届け出等もありませんし、もちろん会社である必要もありません。

好きなレーベル名を付けて「レーベルを立ち上げた!」と宣言すれば、設立完了です。

また、音楽レーベルの基本的な機能は音楽を作って発売する事ですが、その方法が分からない場合や、自分だけでは出来ない内容があると言う場合は、当サイトの「音楽制作支援サービス」や「プロモーションをしよう!」をご確認下さい。

きっと、役立つ情報が見つかると思います。

音楽レコードに貼り付ける紙も意味し、転じて音楽会社そのものを呼ぶときにも使われる。

ラベルと表記した場合は単なる包装紙であることが多いが、レーベルと表記した場合は会社・部門の分類の意味でも使われる。

音楽業界では会社のことをレーベルと呼ぶこともあるほか、インディーズレーベルなどのように複数の会社をまとめた意味も存在している。の時代はデジタル技術やネットが普及したことによって、誰でも簡単に音楽レーベルが立ち上げられます。

大手のレコード会社などや音楽事務所に所属して、自分たちの創作した音楽を販売してもらおうと考えなくても、自ら努力し工夫しさえすれば、広く自分たちの作った音楽を普及させ、販売していくことが可能なのです。

 

いえ、誰でも簡単にできるというのは少し語弊があるかも知れません。肝心の楽曲がやはりそれなりのレベルの作品でなければ誰も聴いてくれないでしょうし、デジタル機材に関する知識や技術がなければ、いくら曲を作ったとしても、当然、プロの作品に匹敵するものを作ることは不可能です。

つまり、大手企業に所属せずに音楽活動をするということは、これら全ての能力を自分一人(あるいは自分の仲間)だけで身に着けていかなければならないということであり、それはかなりの苦労と努力が強いられる道だと思います。一方、インディーズレーベルはその性質上、メジャーに比べて流通網などが限られてくるため、どうしても弱い立場になってしまいます。

海外では、サブポップやクリエイション、ドミノレコードなど、メジャーに負けない力を持つレーベルがありますが、日本では「メジャーへの踏み台」という意識が強いようです。

その分、自由は大いに保障されています。

拘束されることなく表現ができ、かつそれが利益につながれば、それは即レーベルおよびアーティストの利益につながります。

最近だと、モンゴル800や氣志團、HYなどがインディーズにいながら大ヒットを飛ばしました。

もちろん、レーベルやアーティストは大いに潤ったでしょう。

そして何より「自分たちでやった!」という達成感は、メジャーアーティストには味わえないでしょう。
これはインディーズの醍醐味です。

また、インディーズはもともと「独立」すなわち「D.I.Y」の精神に基づいています。
「D.I.Y」とは「Do It Yourself」つまり、「何でも自分でやる」という意味です。

作詞作曲はもちろん、レコーディングからCDプレス、流通、果てはライブのブッキングまでインディーズではアーティストとレーベルが二人三脚で行います。

これは非常に労力がかかり、面倒なことですが、その分達成感があり、インディーズの面白さと言えるでしょう。いままで、ひとくくりに「インディーズ」と書いてきましたが、ではそこからどこまでがインディーズなのしょうか?

欧米での音楽では、ビッグ・フォーと呼ばれる四大企業(ユニバーサルミュージック、ソニーBMG、ワーナー・ミュージック、EMI)以外のものはすべてインディーズと呼ぶようです。

ちなみに、日本の音楽業界におけるインディー(インディーズ)とは、日本レコード協会に加盟していないレコード会社(会社のみならず、プライベート・レーベルとしての事務所等も指す)及びそこに所属するアーティストを指します。

音楽レーベル

音楽出版社は、オンライン視聴者に直接関わることによって新しいアーチストを紹介し、新しい収益源を創出します。

  • アーティストの公式サイトや関連サイトで、ミュージックビデオを公開
  • ウィジェットやソーシャル ネットワークを通じて、新たな視聴者を獲得
  • ファンサイトやニッチな視聴者サイトにコンテンツを配布

しかし、現在、大手のレコード会社はCDが売れなくて汲々としています。このデジタル化、ネット化の波にうまく乗れずに、相変わらず古い体質のままに経営を続けているからです。しかも彼らの中には、安い経費では大したアルバムが作れないという考えを持っている人たちも数多く存在しているようです。そのため、現在のように一枚のアルバムに多くの経費がかけられないことに不満とストレスを抱えた状態で仕事しているのです。

当然、そんな雰囲気の中では健全な芸術活動などできるはずもありません。そんな中、窮屈な思いをしながら音楽活動をしていくよりも、最初から苦労と努力を惜しまず自力で音楽レーベルを立ち上げ、その後、自由に音楽活動をしていく方がどれだけ幸せでしょうか。
一昔前なら、それは絶対に不可能なことでした。しかし、デジタル機器やネットが普及した今は違います。それは確かに可能なことですし、しかも今の時代、音楽レーベルは100万円以下の資金で立ち上げることができます。さらに一旦レーベルを立ち上げてしまえば、その後は一枚の音楽アルバムをわずか1万円かそれ以下の経費でネット販売することができます。もちろん、CDのプレス代金を支払えば、音楽CDとして販売することも可能です。一口にリリースといっても、さまざまな仕事が発生します。

まずは、アーティストのレコーディング。

最近ではパソコンなどで音源を作ってしまうアーティストもいますが、
生演奏の場合は、スタジオなどでレコーディングする必要があります。
レコーディングはスタジオのエンジニアさんにお願いする場合もありますし、アーティスト自らが行う場合もあります。

これらのスケジュールを立てたり、予算を組んだりするのは、レーベルの大きな仕事のひとつです。

そして、音源(マスターテープ)が完成したら、メディアに落とし込みます。

CDにするのが一般的ですが、別にCD-RでもDVDでもmp3でも構いません。
CDにする場合、一般的にはCDプレスの業者に依頼します。
CD-Rの場合は身近なパソコンでもできます。

これらは、アーティストやレーベルの意向を決めて、進めます。

音源ができたら、今度はそれらを販売する用意をします。

通常、インディーズのCDは流通業者を通してCDショップに置かれます。
これらの手配はレーベルのメイン業務です。

もちろん、CD-Rの場合はライブハウスで手売りしてもOKですし、
mp3の場合は、iTunes Music Storeなどで販売することもできます。

その他にも、ツアーをブッキングしたり、イベントを主催したり、仕事は盛りだくさんです。
どこまでやるかはあなた次第ですが、何事も楽しんでやれるように心がけましょう。

実際、私もこのような安価な経費で音楽レーベルを立ち上げ、音楽アルバムを制作しています。その方法については、さらに以下の記事をご覧下さい。

関連会社のバックアップ体制が整っております。
コネクションの無い方でも安心して運営が可能なシステムをとっております。
歌手から女優・俳優・グラビアアイドル・タレントまで、育成は様々。
歌  手/ダンス :ボイストレーニング・ダンストレーニングなど
俳  優/女  優:演技指導
タレント/アイドル:芸能スクール

電話やFAXなど、一般的な環境が整っていれば今すぐ運営が可能。
マンションや事務所でなくても自宅の空いたスペースさえあれば芸能プロダクションは設立出来ます。
サポート体制がとにかく充実していますので、お悩みの方はまずはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
auditionを開催し、タレントやアイドルのタマゴをご一緒に育成!

(赤坂見附 東京都港区 芸能プロダクション)の店舗情報(提供元:iタウンページ)写真、クーポン、地図、アクセス情報などの詳細情報も充実。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


タグ: , , , ,