Audition.com デビュー オーディション (audition)

Martinna Ivanova

モデルCM動画制作

 

何度もテレビCMを流している方には必要ありませんが、初めてテレビCMを流そうとしている方には、ぜひテレビCMを流す手順について知っておいて頂きたいと思います。

 

テレビCMを流す目的を明確にする

まずは、テレビCMを流す目的について明確にしておきましょう。「商品やサービスのアピールをしたいから」や、「会社を有名にしてブランディングしたいから」だけでは足りません。

なぜなら、それだけの理由ですとテレビCMではなく、ラジオCMや新聞広告、ネット上の動画広告でも事足りてしまう可能性があるためです。

「なぜテレビCMじゃないといけないのか?」という目的の部分を最初に明確にしておくことで、より視聴者にささるテレビCMが作れると思います。

 

テレビCMについて理解する

テレビCMを流す目的が明確になったら、次にテレビCMについて理解しましょう。

テレビCMにはタイムCMやスポットCMなどがあり、それぞれ広告形態や料金が異なります。テレビCMについて詳しくなっておくことは、必ずこれからのテレビCM作りに役立ちます。

テレビCMについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

熊本でテレビCMを流す費用は?TVコマーシャルの種類や効果

 

ターゲット層を決める

テレビCMに詳しくなったら、次にターゲット層を決めます。ターゲット層とは、要するにその商品やサービスを「誰に」一番つかってほしいか、購入してほしいかということです。

若者なのか?主婦層なのか?サラリーマンか?

このターゲット層により、テレビCMの内容は大きく変わりますので、しっかりと考えて決めるようにしましょう。

 

予算を決める

続いては予算です。「テレビCMについて理解する」の項目で紹介したように、テレビCMは流し方で費用が大きく変わります。そのため、あらかじめ広告費にかけられる予算を決めておくことが重要になります。

 

テレビCMのルールを理解する

テレビCMを流す場合、きちんとした企業であるかどうかをチェックされます。企業のホームページは必ず用意しておいたほうが良いでしょう。

また、テレビCMを作成していく上で、以下のような取り決めがあります。

○CM本編の開始時と終了時に、それぞれ3秒ずつ程度の捨てカット(実際には流れない映像)を用意する必要がある。
○捨てカットの前にも、クレジットを12秒間入れる必要がある。
○CM本編の開始時と終了時に、0.5秒ずつ音を入れてはいけない。(15秒CMの場合は音が入れられるのは14秒)

CMを流す前に、こうしたルールについてもある程度は理解しておく必要があるでしょう。

 

思わず見てしまうテレビCM作りの基本

テレビCMを流すときの手順について理解できたところで、次はいよいよ思わず見てしまうテレビCM作りの基本をご紹介していきます。

 

消費者にどんな行動を取ってもらいたいか考える

まず重要なのは、そのCMを見た消費者(ターゲット)に対して、どういった行動を起こしてほしいのか?を考えることです。

例えば、「その商品を購入してほしい」という直接的な場合もありますし、「サービスや会社の名前を知ってほしい」といったケースもあると思います。

まずは消費者にとってほしい行動を考えることが、CM作りの第一歩となります。

 

15~30秒以内に伝えたいことをまとめる

テレビCMは伝えられる情報がとても多いのが特徴ですよね。しかし、時間はそれほど長くはなく、15~30秒です。つまり、15~30秒の間に、その商品やサービスの良さ(ベネフィット)をしっかりと伝える必要があるのです。

そのため、具体的にテレビCMのストーリーを考えるまえに、自社の商品の強みは何なのか、徹底的に洗い出しを行うのが重要です。

 

競合他社のCMと差別化していく

テレビCMを流すとき、競合が居ないサービスを展開している会社は稀だと思います。仮に競合他社がテレビCMを流していない場合はラッキーですが、そうではない場合、ライバルのテレビCMと差別化する必要があります。

なぜなら、後発でテレビCMを流す場合、似たようなCMを流すと「○○と似たような商品だな」と思われて認知されなかったり、最悪の場合はライバルの会社の商品だと勘違いされて、自社商品の宣伝にならない可能性があります。

競合他社がテレビCMを流しているときは、必ず事前にどんな内容かチェックして、差別化していくことが重要です。

 

ターゲット層に合わせて放送時間帯などを決める

テレビCMの放送の時間帯も、いつでも良いわけではありません。宣伝したい商品やサービスのターゲットがよく見るであろう時間帯を狙って流すのが重要です。

例えば、主婦層がターゲットの洗剤のCMならば昼間、サラリーマンがターゲットのビールのCMなら夜のスポーツニュースの時間帯といった具合です。

 

思わず見てしまうCMプランの作り方

ここからは、基本からさらに踏み込んで、思わず見てしまうCMプランの作り方を詳しく解説していきます。

 

「AIDA」を活用する

「AIDA」という言葉をご存知でしょうか?マーケティング用語の1つで、消費者がテレビCMなどで商品を知ってから、実際に購入するまでのプロセスを表しています。

そのプロセスとは、以下のように表されます。

①A……Attention:注意や認知をする
②I……Interest:興味や関心が沸く
③D……Desire:欲求が沸く、商品が欲しくなる
④A……Action:購入する

多くの人は、上記のプロセスに則って、商品やサービスを購入します。テレビCMのストーリーを考える場合でも、登場人物が上記①~④に則って行動するようにすることで、共感が生まれやすくなる場合もあります。

 

実際のCMを見て分析する

続いて重要なのは、やはり実際にテレビで流れているCMを見て研究するということです。これがもっとも実践的で重要なことかもしれません。

なお、テレビCMは大まかにわけて以下の4種類に分類することが可能です。

 

商品直接型

商品直接型は、宣伝したい商品やサービスを主役にして、魅力や伝えたいメッセージなどをはっきりと強調する方法です。ビールの広告などで用いられています。

商品間接型

商品関節型は、商品やサービスはあえて脇役としておき、全体的にドラマ仕立てにして、間接的にその商品をアピールする方法です。最近では携帯電話会社などはこの手法を使っています。

理念直接型

理念直接型は、企業のメッセージをストーリー構成やメッセージに直接込める手法です。AGの広告はこの手法を用いてることが多いと思います。

理念間接型

理念間接型は、一見すると何のCMかわからないようなストーリ展開をみせ、最終的にその企業の理念へ着地するタイプの方法です。最近ではAmazonなどがこの手法を用いていると思います。

上記のように、テレビCMの手法には様々なタイプが存在します。流そうと思っている商品・サービスが、どのタイプのCMプランが一番効果的かを考えて選択することが重要です。

 

YouTube(TrueView)広告の動画制作・映像制作

Y

CrevoのYouTube(TrueView)広告動画の特徴とメリット

  • 最初の5秒でインパクトを残す

    YouTube動画広告(TrueView動画広告)は最初の5秒が経過すると視聴者側で広告スキップができるため、この5秒でいかに続きを見たいと思わせ、離脱されずに最後まで視聴されるかが重要となります。また、6秒のバンパー広告では短い尺の中でいかに印象を残せるかが重要となります。Crevoでは、YouTubeの媒体特性を考慮したうえで、動画の企画段階からサポートに入り、YouTube動画広告として最適なシナリオをご提案します。

  • 動画のイメージに合ったナレーターをご提案

    最初の5秒で続きを見たいと視聴者に思わせるためには「音(ナレーション・BGM・SE)」も重要です。YouTubeのユーザーは動画の視聴を前提としているため、YouTube動画広告(TrueView動画広告)はテレビCMと同様に耳に訴えることがポイントです。Crevoでは、ナレーターのオーディションも行っており、原稿を読み上げている複数のナレーターをご提案することもできます。ナレーションの声

  • で動画の印象も大きく左右されるため、動画のイメージや世界観に合ったナレーションを採用し動画を制作することが可能です。

  • 制作用途に合わせた、最適な見せ方へのこだわり

    「特定のターゲット層に刺さるバズ動画を作りたい」「販促キャンペーンを幅広い層に向けて告知したい」「新商品の認知拡大したい」など、YouTube動画広告(TrueView広告)の制作理由は様々です。YouTubeは、世界最大の動画配信プラットフォームであり、細かな配信先のターゲティングもできるため、動画広告がはじめての方の配信媒体としておすすめです。Crevoでは、国内外のクリエイターネットワークを生かした用途に合わせた最適な見せ方にこだわった、動画・映像を制作いたします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Go top
Translate »